Bel*log

プログラミングと読書たまに麻雀。

時間貯蓄家になっていないか

SHIROBAKOがとても良かった。放映終了してからも何回も見返している。こんなに毎回面白くて感動した作品は初めてかもしれない。まだ観てない方は是非!
今はP.A.Worksつながりで花咲くいろはをまとめて観ている。これもまた面白い。


早くも2015年も4月、新年度になってしまった。


最近読書熱が上がり続けている。
直近で読んで面白かったのはミヒャエル・エンデの「モモ」です。なんで今まで読んでなかったんだろう。
児童書だと思って侮る無かれ。大人になった今だからこそ面白く感じた部分があった。
現代人は気づいていないだけで、灰色の男たちに時間を奪われてないだろうか。時間と気持ちに余裕のある生活を送れるように気をつけたい。

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))


そういえば、昨日Twitterを眺めていて、こんなのを見かけた。


itpro.nikkeibp.co.jp
設計作業は当初60人体制でプロジェクトをスタートしたが、遅延が始まったため、順次増員して、200人→450人→1300人(!?)。itpro.nikkeibp.co.jp
絶対関わりたくない案件だこれ。


anond.hatelabo.jp

そもそも、開発の遅れは人を増やす事で対処できるものなのだろうか?

やはり人海戦術というものはあるんだと思うんだけど

正しい分業化とマネージメントが行われずに盲目的に人数を増やすと、ただただ炎上にしかならないってこと。お金だけが莫大にかかっていくということ。

ほんまこれに尽きる。


初めて客先に出ていて、今にも火が吹きそうなんですが、この特許庁のやつに比べたら全然大丈夫そうなのでなんとなく気楽に構えている。